今話題のレンタルオフィスの情報が満載です!

今人気のレンタルオフィス

このサイトでは、レンタルオフィスとコワーキングスペースにはどのような違いがあるのかについての情報をご紹介しています。
また一般的な設備はどういったものがあるのか、仕事がしやすくはかどるオフィスを選ぶ際のポイントについても触れているサイトです。
さらにあちこち移動することが多い人におすすめの拠点数が多いオフィス、多数のエリアに展開しているオフィスの便利さも解説しています。
自宅以外で仕事をできる拠点を探している人に役立つサイトです。

レンタルオフィスとコワーキングスペースの違い

レンタルオフィスとコワーキングスペースの違い 近年レンタルオフィスやコワーキングスペースが話題となっているため、気になっている人もいるでしょう。
どちらもフリーで仕事をする人や事業を立ち上げたばかりの人に選ばれることが多いため、同じような意味だと思われることも少なくありません。
しかしこれらの2つはまた違った特徴があるサービスとなっています。
一般的にレンタルオフィスとは事務所にするための個別のスペースを借りつつも、共有スペースなども利用するタイプのオフィスです。
共有スペースには休憩室や会議室などがあることが多いです。
一方コワーキングスペースはシェアオフィスとも呼ばれているもので、複数人で同じ空間を使用して仕事をします。
共有スペースにコワーキング用の部屋があるレンタルオフィスもあります。

レンタルオフィスは実際に住所として登録できるのが魅力

レンタルオフィスは実際に住所として登録できるのが魅力 レンタルオフィスは、一般的な事務所と違って低価格で利用できるサービスです。
最も大きなメリットは、住所を登録できるため比較的簡単に起業を行うことができることです。
例えば、インターネットを主とした事業を始めたいと考えている場合には、その会社が拠点としている住所を必ず登録しなくてはいけません。
サイトを運営している場合には、そのサイトに拠点となる住所と連絡先、そして代表者の名前を記載し、責任がどこにあるのかを明確にしておく必要があります。
この場合、自分が実際に暮らしている場所を登録してしまうと後で大きなトラブルに発展してしまう可能性も十分に存在します。
そこで役に立つのが、レンタルオフィスです。
レンタルオフィスは、比較的自由な使い方ができますのでインターネットを中心とした事業を行う目的であっても利用できます。
テレワークなどで自宅から仕事を行う業態であったとしても、サイト上に表記するための拠点を登録することが可能であるため、問題なく営業を続けていけるメリットが存在します。
しかも、レンタルオフィスの中には電話の転送サービスなども準備されているものもあるため外部から連絡があったとしても安心して対応できるメリットがあります。

24時間のセキュリティとレンタルオフィス

仕事を進める中で、オフィスが必要に感じる方も多く、費用を抑えつつ、仕事で必要な空間を用意することができるように、レンタルオフィスに注目することも大事なポイントです。
費用をしっかりと抑えつつ、必要なサービスを利用することができるようにレンタルオフィスの情報を集めることをおすすめします。
安心して仕事ができるように24時間のセキュリティ体制にも注目しながら、トラブルが起こる心配なく仕事ができる空間を見つけることも重要になります。
費用を安く抑えて利用することができる空間でも、安心して仕事ができる設備が整うところもあります。例えば、ロッカーを利用する場合、鍵付きのロッカーが用意されているなど、きちんと鍵をかけることができる設備かをチェックすることも必要です。
安心感を持って仕事ができる空間化をチェックすることにより、営業などで仕事に出かけてオフィスに人がいない状態でも、あわてることなく落ち着いて仕事ができるようになります。

レンタルオフィスは良い立地で住所登記もできます

レンタルオフィスはさまざまなオフィス用品やビジネス環境が整ったスペースを賃貸事務所よりも割安価格で利用できますが、住所登記はできるのかどうかという点について気になっている人もいるでしょう。
結論からいうと、レンタルオフィスでは住所登記をすることができます。
そのため、名刺やホームページなど、連絡先をオフィスの立地に表記することが可能です。
レンタルオフィスでは、郵便受取や宅配便を受け取れるところがほとんどなので働く場所へ届けてもらえます。
そして、法人の銀行口座の開設の際も有効になります。
レンタルオフィスは、ビジネスの中心地や最寄り駅から近い場所に所在しているところが多いです。
人気のエリアにオフィスをかまえるということは、ビジネスでの信用度が高まります。
取引き先や数多くの新しいクライアントの開拓にも効果があるでしょう。
事業の立ち上げの際や、事務所移転などをきっかけに、自社のブランド力をあげる良い立地で事業をスタートさせてみてはどうでしょうか。

起業のときに利用しやすいレンタルオフィスの2つのメリット

初めて起業を行うときには、レンタルオフィスが非常に使いやすいと評判です。これには、以下の2つの理由が挙げられます。まず、一等地にレンタルオフィスを構えることができるという点が挙げられます。単純に借りて利用することができるサービスであるため、本来ならば価格が一等地であっても安いコストで借りられるというメリットが存在します。一等地に事務所を構えておけば、それをステータスと主張することができるようになりますので、経営を行っていく時にも有利に働くことが多いです。そして、2つ目のメリットにはインターネットで起業を行うときに非常に利用しやすいという利点が存在します。インターネット上で仕事を行うときには。その事務所を頻繁に使うというわけではなくなります。オンラインでサービスご提供できれば良いので、その拠点として利用することができるレンタルオフィスは非常に使い勝手が良いといえます。汎用性が高いので必要な時だけ使えるというのが魅力です。

レンタルオフィスなら著名なオフィス街にオープンできる

著名なオフィス街にオフィスを用意しようと考えてはみたものの、コストの関係から断念するケースも少なくありませんが、レンタルオフィスなら実現可能です。物件を購入したり改修する必要も無く、デスクやファックス、コピー機、インターネット回線などの各種備品もあらかじめ用意されているレンタルオフィスもあり、トータルコストを大幅に削減できます。それらの全てを揃えるとすれば機種の選定や予算の確保までに多大なリソースを消費しますが、レンタルオフィスならワンストップで契約するだけで全てを揃えることが可能で、そのリソースを本業の業務遂行に費やすことが可能です。また、著名なオフィス街にオープンできれば交通の便が良く顧客が足を運びやすくなるだけではなく、業績を伸ばしている優良な企業であるとアピールして好感度を上げることもできます。このようにレンタルオフィスの導入は、生産性や業績の向上だけに留まらないさまざまなメリットをもたらします。

レンタルオフィスは郊外型が最新のトレンド

レンタルオフィスは、通常の貸し事務所と異なり事務機器や内装、電話回線などがあらかじめ整備された状態で利用に供されるタイプのオフィス物件です。事務所開設に伴う初期費用を抑えられることから、主として小規模事業者や一時的な仮事務所などに利用されています。 こうしたタイプのオフィスは、都心のビジネス街に設置されているのが一般的です。1つのフロアを小さく仕切って執務スペースとして、コピー機や給湯設備などはフロア全体で共用扱いとするというスタイルがよく見られます。 その一方で、近年では郊外型のレンタルオフィスも増えてきています。これは言うまでもなくテレワーク需要の増加に伴うもので、ベッドタウンの駅前などに設置され、必要最小限の執務スペースを持ちつつ良好な通信環境を備えている点が大きな特徴です。 テレワークは場所を選ばずに仕事ができるメリットがある半面、自宅を仕事場にするとオンとオフの切り替えが難しかったり、家族に気をつかわせてしまったりするといった課題もあります。郊外型のレンタルオフィスは、こうした課題の解決手段となり得る施設となっています。

企業規模に合わせてレンタルオフィスを利用する

企業規模に合わせてレンタルオフィスを利用することを考えていくことも大切なポイントです。規模がまだ小さい場合は、コストをかけて大きなオフィスを用意する必要はないです。レンタルオフィスを利用するメリットは大きく、自分でオフィスを持つ場合と比べて、初期費用を抑えていくことができます。業績がアップしたときに、規模を大きくするためにオフィスを持つことを決意するなど、柔軟な対応ができるようになる点も魅力です。レンタルオフィスは、使いやすい設備が充実するサービスもあるため、オプションが充実するところを選択できるようにすることをおすすめします。鍵付きのロッカーや個室が用意されているなど、セキュリティ面でも安心して仕事ができることも大切です。また、会議室を利用することができるなど、サービスが充実している点に注目することも重要になります。企業規模に合わせて考えていく際に、起業したばかりの方など、無理をすることなく費用を抑えられるレンタルオフィスに注目です。

多様性の時代にレンタルオフィスサービスはいかが

現在の社会は働き方の選択肢も広がりどんどん多様化しています。例えばこれから事業を始める方にお勧めしたいのは、レンタルオフィスサ-ビスの利用です。かつては事務所を賃貸したり、自宅を事務所代わりにするという選択肢が多く見られましたが、内装工事や通信設備の導入、準備期間など時間もコストもかかっていました。しかしレンタルオフィスは、必要な事務机や椅子や通信設備を備えた貸事務所ですので、起業家経営をサポートする施設としては、ランニングコストが抑えられる最高の仕事場と言えます。メリットもたくさんあり、パソコンなど通信機器を持ち込めばすぐにでも仕事が始められます。費用も賃貸の事務所と違い、賃料の三か月分程度で済み、保証金は無しという場合もあり、光熱費や共益費なども月額の料金に含まれる施設もあります。このようにかなり出費が抑えられるケ-スが多いです。また社員専用スペースなので、打ち合わせのためにカフェまで移動するというようなこともなく、効率よく作業を進められます。シェアオフィスやワーキングスペースや個室など、さまざまなタイプがあり自分に合った環境を選べます。レンタルオフィスの住所で法人登記ができるため安価な初期費用で事業と事業所としての手続きを得られます。このような魅力いっぱいのレンタルオフィスサービスは、今後ますます提供され利用者も増えていくでしょう。

設備投資をする必要がないレンタルオフィスの魅力

会社をスタートするときに、オフィスをレンタルすることで設備投資をする費用を削減することができます。賃貸オフィスを契約する際に、不動産契約以外にもネット環境や電話やファックスやその他デスクやいすなど様々な設備が必要ですがレンタルならその必要がありません。
レンタルオフィスは、もともと必要な設備が揃っていますし比較してより充実しているところを選べばよいので使い勝手が良いところを選ぶメリットは大きいです。レンタルオフィスは便利なところにあるものも多く、もちろんファックスやネット環境やコピー機なども揃っています。
これから会社をスタートしようとしている方は、初期費用を大幅にカットすることができますのでレンタルオフィスを検討してみてはいかがでしょうか。レンタルオフィスなら、様々なオプションがありますし郵便物の転送などもできますので事務員や秘書を雇わなくても一人で外出が多いという方でも安心して仕事ができます。

レンタルオフィスの利用はリーズナブルなので節約につながる

新規の事業を始める時、なるべく費用を抑えたいと考える方は非常に多いのではないでしょうか。自らの仕事に今後どれくらいのお金が必要になるか分かりませんし、できるだけ費用を節約しておきたいはずです。節約した資金は新規事業の足しにできるので、ぜひ普段から節約を心がけると良いです。
そのためにはオフィスもどこかの賃貸物件を選ぶのではなく、レンタルオフィスにすることが重要です。レンタルオフィスには一般的な賃貸物件とは違い仕事に必要な備品がすでに揃っているので、初期費用が大幅に節約できます。またインターネットの使用料や水道代、光熱費なども利用料金に含まれていることが多いので、意外と出費が痛い固定費も相当削減できます。
レンタルオフィスは今や日本全国にありますし、管理会社も随時募集を受け付けています。PCやスマートフォンなどがあれば、いつでも申し込み手続きが可能です。月々の利用料も意外とリーズナブルなので、一度契約してみる価値はとても高いです。

レンタルオフィスがフリーランスに向いている理由

近年では企業等に所属せず、フリーランスで活躍しているビジネスパーソンも多く見受けられますが、そうした人たちにとって課題となるのが執務場所の確保です。というのも、自宅をオフィス代わりにできれば問題ありませんが、そうでない場合は外にオフィススペースを求めようとしても、一般的な貸事務所は1人で利用するには大きすぎ、かつ賃料も高額だからです。
そんな時、有効な選択肢となるのが、レンタルオフィスです。個人でも手軽に入居できるうえ、初期費用も抑えられるので、資金面で不安があるという人でも利用できます。
レンタルオフィスの多くはオフィスビルのフロアを細かく仕切って供用しているため、少人数でも利用しやすいのが特徴です。また、契約期間も物件によって年単位・月単位・週単位など柔軟に設定されているので、たとえば普段は自宅で仕事をしているが家族が病気療養中の間だけ使いたいといった利用法も可能です。
さらに、多くの物件はデスクや椅子などが備え付けになっており、インターネット回線も開通済みです。そのため、備品購入費や工事費など、入居時に必要な費用を大幅に節約することができます。

レンタルオフィスには経営サポートサービスを提供しているところもある

レンタルオフィスはいわゆる貸事務所の一種ですが、一般的な賃貸物件とは異なる特色をいくつか持っています。その1つは契約期間の短さで、通常であれば2~3年程度の契約を結んだうえで高額の保証金を納めたうえで入居しますが、レンタルオフィスの中には月単位・週単位など短い期間だけ利用できるものが少なくないため、期間限定の仮事務所などにも使えます。
また、オフィス什器やインターネット回線などがあらかじめ用意されている物件が多いのも、大きな特徴です。そのため、新規に事務所を立ち上げる場合でも初期費用を抑えながら利用できます。
さらに、小規模事業者やフリーランサーなどの利用が多いことから、レンタルオフィスの中には事業運営をサポートするようなサービスを提供しているところもあります。電話代行や郵便物の代理受取などが代表的なサービスですが、税理士や中小企業診断士などと提携することで経営に関するコンサルティングが受けられるところもあります。

新たなビジネスを始める際はレンタルオフィスの活用を

これから個人で新しいビジネスを始めようと計画している方は、意外と多いのではないでしょうか。特に現代はインターネット社会なので、オンラインで物を販売したり、専門的な動画をアップロードして収益を得る方はすごく多いです。また株式投資や不動産取引などもインターネットで簡単に行なえますし、初期投資が少なく済むのでとても助かります。
そしてある程度事業が軌道に乗ってくると、もっと拡大したいという願望を持つかもしれません。そのためには手狭になった場所からレンタルオフィスに移り、ビジネスに集中できる環境を整えておくと良いです。レンタルオフィスには必要な事務機器がある程度揃っていますし、即戦力を何人か雇うにしてもすぐ仕事に取り組んでもらえるというメリットがあります。
レンタルオフィスの契約自体も簡単ですし、費用も意外と手頃なのですぐ始められるはずです。レンタルオフィスは今や日本全国に存在しますし、生活範囲にもいくつか見つかるはずです。使いやすそうな場所に決めて、すぐ仕事に取り掛かってみてください。

無人受付のレンタルオフィスにはメリットが多い

無人受付のレンタルオフィスが最近増えています。
まだ友人受付の方が主流ではありますが、人がいなくても困らないような仕組みが確立されています。
本来であれば受付の人がチェックをしたり管理を行いますが、その代わりにシステムが導入されていて入出時の処理も滞りなく完了するのが大きな特徴です。
システムでは顔認証が導入されていて、作業スペースだけでなく会議室も一括管理されています。
入室や退室も自動で管理が行われ、予約もウェブや専用アプリから簡単に行えるようになっています。
レンタルオフィスを利用する側から見てもメリットがたくさんありますが、もっとも大きな違いは価格であり、かなり安い料金で利用することが可能です。
運営する側は最初だけシステム導入費がかかりますが、その後は人件費を削減できますので、その差額はあっという間に回収できます。
また、受付に人がいないことで、より気軽に利用できることも見逃せません。
対面でのやり取りが苦手な人にも向いています。

レンタルオフィスの経営の経営の難しさと対処法

レンタルオフィス経営は場所を提供するのがメインの業務となるので、少ない人員で利益が期待出来るビジネスです。
その反面、利用客がこなければランニングコストがかさむという経営の難しさもあります。
レンタルオフィスを経営する際は、あらかじめ起こりうるであろう問題を洗い出しておき、その対処法を考えておく事が確実に利益を出す為の近道と言えます。
恐らく一番危惧する点としては、利用者の有無でしょう。
まずは認知してもらう事が重要なので広告を打つ必要も出てきますが、その前に自前でウェブサイトを作り、見込み客をスムーズに誘導する必要があります。
すでにウェブサイトを持っている場合は、問題がないか改めて見直してみる必要があるでしょう。
また、周辺に住んでいる住人がどういった人が多いのかリサーチするというのも重要な要素となります。
それによって利用方法やサービス、料金体系なども変えていかなければなりません。
利用客のニーズにマッチするサービスを提供する事が、利益を出す為の秘訣です。

レンタルオフィス併設の宿泊施設で仕事もリフレッシュも両立

レンタルオフィスは、近年では宿泊を組み合わせたサービスが注目を集めています。
仕事とプライベートをシームレスに行き来でき、さまざまな面で利便性を感じられます。
こういった種類のレンタルオフィスは、仕事や出張などの色んなシーンで活用されています。
レンタルオフィス併設の宿泊施設では、通常のワークスペースがあるオフィス泊まれる設備の両方の機能を備えている施設です。
そのため、仕事に必要な設備やサービスが充実しているのはもちろんなのですが、リフレッシュするプライベート空間も確保されています。
深夜まで業務を行うときでも快適に仕事に集中することができます。
また、オフィスは交通アクセスが良好な場所に位置していることが多いという利点があります。
ですから出張や移動の際にも便利です。
レンタルオフィスに泊まれる設備があると、仕事とプライベートの切り替えがしやすいという魅力があります。
仕事の合間に休憩やリフレッシュをしたり、仕事が終わったらすぐにプライベートモードに切り替えられますし、移動時間の無駄もないです。

レンタルオフィスを探すときには駐車場の有無にも注意しよう

初期費用を大幅に節約ができることや仕事に使うOA機器やインターネット回線などが完備されていて、借りて直ぐに仕事を始められる、このようなメリットや魅力があるのがレンタルオフィスです。
レンタルオフィスは、一般的な貸事務所とは異なり入居するときの前家賃や保証金などが不要ですし、仲介業者を通じて借りるものではありませんので仲介手数料も発生しません。
月々の料金だけで借りることができるので、初期費用を大幅に減らして拠点を設けたい法人や個人事業主などからの人気を集めています。
レンタルオフィスは駅から徒歩圏内で、最寄り駅まで徒歩約数分の立地になっている物件が多いので、電車を利用する人にとって好都合です。
しかし、ビジネスを手掛ける中で車を利用して移動する機会が多いとなったときには、駐車場も必要不可欠です。
レンタルオフィスは多くの会社経営者やフリーランス、個人事業主が利用することからも利用者分の駐車スペースを確保することができないので、近隣にある駐車場のことも考えておきましょう。

レンタルオフィスを都内で探すときのおすすめの物件

近年、レンタルオフィスというスタイルを借りる人が都内で増えて需要が高まっています。
そのメリットは、初期費用や固定費を抑えることができる点です。
そして、立地や設備などの条件に合わせて選ぶことができるところも喜ばれています。
立地においては、レンタルオフィスを選ぶ上で最も重要なポイントになります。
自社の顧客や取引先へのアクセスを考慮しながら最適な場所を選びましょう。
設備については、レンタルオフィスにはもともとデスクや椅子、インターネットなどの基本的な設備が整っています。
それ以外にも、会議室やコピー機、FAXなどの設備が用意されているケースもあります。
そのため、必要な設備が揃っているかどうか、確認するとよいです。
サービスは、レンタルオフィスによってさまざまあります。
例えば、電話代行や秘書代行、郵便物転送などのサービスが提供されているところもあります。
必要なサービスが提供されているかどうかを確かめておくとよいです。

おすすめのレンタルオフィス情報サイト

レンタルオフィス 神戸

新着情報

◎2023/12/08

情報を追加しました。


>無人受付のレンタルオフィスにはメリットが多い
>レンタルオフィスの経営の経営の難しさと対処法
>レンタルオフィス併設の宿泊施設で仕事もリフレッシュも両立
>レンタルオフィスを探すときには駐車場の有無にも注意しよう
>レンタルオフィスを都内で探すときのおすすめの物件

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>設備投資をする必要がないレンタルオフィスの魅力
>レンタルオフィスの利用はリーズナブルなので節約につながる
>レンタルオフィスがフリーランスに向いている理由
>レンタルオフィスには経営サポートサービスを提供しているところもある
>新たなビジネスを始める際はレンタルオフィスの活用を

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>起業のときに利用しやすいレンタルオフィスの2つのメリット
>レンタルオフィスなら著名なオフィス街にオープンできる
>レンタルオフィスは郊外型が最新のトレンド
>企業規模に合わせてレンタルオフィスを利用する
>多様性の時代にレンタルオフィスサービスはいかが

◎2021/1/18

割高になるがメリットも多い
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

オフィスをシェアするメリット
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

レンタルオフィスが便利
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

移動が多いならレンタルオフィス
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス スペース」
に関連するツイート
Twitter

「agnès b.」の魅力を徹底解剖 現役デザイナーのオフィススペース&アトリエへ足を踏み入れる(FASHION TECH NEWS)

オフィスなどでも金とスペースがあるならケチらず不必要にロッカースペース作るといい

Amazon COMHOMA デスクチェア あぐら ソファチェア オフィスチェア 白 疲れない椅子 90°~130°ロッキング角度 肘掛けなし 座面広い ホイール付き回転 10cm高さ調節可能 PUレザー 軽快な小型のソファ 一人掛け 小さなスペース (PUレザー, Black-1)

その目的は、起業家の支援、ビジネスネットワークの構築、共有オフィススペースの提供、教育プログラムの提供、資金調達支援です。